都度パパが求めていることを知って満足度120%に

都度パパが求めていることを知って満足度120%に

MENU

都度パパが求めていることを知って満足度120%に

「東京都新宿区 24歳 OL 女性 M.A」

 

短大卒業後、上京し憧れていたオフィス街で働き始めました。高層ビルが立ち並ぶオフィスでの仕事はとてもやりがいがありました。

 

しかし、都内で一人暮らしをするとなると、家賃や生活費だけでもかなりの出費になります。

 

 

仕事が忙しく、疲れて家に帰ったらすぐに寝てしまう毎日。

 

美容にも気を使えず、洋服も安いものしか買えず、たまの飲み会が唯一のストレス発散。
私の憧れていたキラキラしたOL生活とはほど遠いものでした。

 

何かお小遣い程度でも稼げる仕事はないかと探していましたが、仕事で疲れているので、他のアルバイトをする体力などなく・・・

 

そんなときに、見つけたのが「パパ活」と呼ばれるものでした。

 

都度パパは非日常感や遊び感を求めていた

パパ活を始めた当初は、やはり怪しいイメージを持っていて、パパは本当は皆身体目当てなんじゃないかな…と思っていたのです。

 

しかし、実際に始めてみると思っていたイメージとはかなり違いました。紳士的な方はもちろん、お食事だけを楽しみたいというようなパパも中にはいたのです。

 

長期で女性を支援したいという定期パパと違い、都度パパはたまの非日常を味わいたいというような気持ちが伝わってきました。

 

普段は、職場や家庭でプレッシャーと戦いながら生きている男性が、疲れを癒すためにパパ活をしているようでした。

 

日頃は出会えない女性と共に楽しく過ごす時間を求めているんでしょうね。

 

都度パパに媚びるよりドカドカ言う事言ったほうが良い

パパ活を始めたばかりの頃は、普段は出会えないような方を目の前にして、わがままなど言えずに、ただニコニコおとなしく話を聞いているだけでした。

 

何が食べたいか聞かれても、「○○さんのお好きなところで・・。」といった具合です。

 

とても気を使うので、仕事で接待をしているような感覚でした。

 

そんな時間を続けることで私自身疲れていきましたし、パパたちともイマひとつ盛り上がりに欠けるような雰囲気でした。

 

そこで、どうしたらもっとパパとの距離を縮められるのだろうと考え、少しずつ自分の言いたいことはハッキリと伝えるようにしていきました。

かわいくわがまま言っても割と許される

そこで、まずは「私は今、これが食べたい」というところから始めてみました。

 

そこから「どこどこに行きたい」「あれが欲しい」「○○がしたい」という風に、少しずつわがままを言うようになりました。

 

最初は、こんなわがままばかりいっていると、次は合ってくれないのかもしれない…などとドキドキしていました。

 

しかし、わがままを聞いてもらった後は必ず全力の笑顔で「ありがとう~!」と言うようにしていると、嫌われるどころかパパたちも喜んでくれました。

 

「あれはイヤ」「これはイヤ」などの不満のようなわがままではなく、自分の欲求を伝えて、かわいく喜ぶことを意識していたので、許されていたのかなと思います。

 

パパとは何があっても仲良しでいる

パパとパパ活女子の関係は彼氏と彼女ではないので、常に思いやりを持って接するように心がけていました。

 

たとえば、私は自分のわがままを聞いてもらったら、次に会う時に小さなクッキーをプレゼントする、仕事で疲れていそうなときは栄養ドリンクを渡す、などしていました。

 

そうすることで、パパたちも「自分のためにしてくれたんだ」と感じで、より仲良くなれました。

 

細かい気遣いが、都度パパから定期パパへと長く関係を続けていけるポイントだと思います。

 

また、そういった小さなプレゼントが大きくなって帰ってくることも、多々ありました。

 

非日常感を与えて楽しませるのが私の仕事

パパたちは、普段とは違う非日常感を求めています。

 

その対価として、パパからお手当てをもらっているわけですが、始めた当初はやはり、お金をいくら貰えるかということばかりに意識が向いていました。

 

しかし、そんな時ほど大したお手当てはいただけませんでしたし、次につながらないことが多かったです。

 

なぜだろうと考えた結果、貰うばかりではなく相手に与えなければならないものと気づきました。

 

そこからは、「自分が贅沢をしたいから」ではなく「相手の男性を楽しませる」ということを、常に意識するようになりました。

 

その為に、美容室やネイル、エステなどで外見を磨くのはもちろん、いろいろな分野の本を読んで、知識を付けるようにしました。

 

TVは、バラエティよりもニュースを見る時間が多くなりました。

 

与えることを意識すると、今までよりパパたちに楽しんでもらえるようになり、お手当ても高くなりました。

 

盛り上がるので、「話したりないからまた会おう」と次につながるパパも増えていきました。

 

またそういった努力をすることで、パパと一緒に居る時間を自分自身がより楽しめるようになっていったのを感じることができましたね。

 

お金をもらいながら自分を高めることができる、こんなに素敵な仕事は他にはないです。

 

身体なしでもパパを満たすことはできます

パパ活をしていると、身体の関係を求められることももちろんあります。

 

私は彼氏がいないので、関係を持つこともありますが、パパたちが求めているのは決して身体だけではありません。

 

やはり身体の関係を持たないと高額はいただけないのではないか、と思っていた時期もありました。

 

しかし、一度関係をもったパパでも私が内面を磨くとお食事だけでも楽しんで満足していただけることが増えるようになりました。

 

一緒に居て癒されることや、楽しく会話できること、日頃味わえない経験を一緒に楽しめること。

 

身体の関係がなくてもそういった部分ができるようになると、関係がなくてもパパたちを満たすことが出来るのだなと思いました。

 

中身を磨くことで、お食事のみの都度パパも増えていきました。

 

一緒に居る時は常に笑顔、お礼を言うのを忘れない、この2つは特に意識して続けていました。

 

そのうち、「一緒に居るだけで癒される」と言ってもらえることが、多くなりました。

 

パパは若くてきれいな女を侍らせたい

パパたちは安くはないお金を払っているので、やはり関係を楽しむのであれば、若くてきれいな女性が求められます。

 

私はパパ活で得たお小遣いを美容にかけることが多いです。

 

そうすることで、よりきれいになる→お小遣いアップする→もっと美容にお金をかけられる
という好循環が生まれました。

 

美意識は常に高く持つようにしています。

 

また、スタイル維持のためにジムにも通い努力しています。

 

一緒に居て恥ずかしくない、むしろ自慢できるような女性になることを意識することで、都度パパたちにもより満足してもらえるようになりました。

 

男扱いされたい人がパパ活やキャバクラを楽しむ

パパ活やキャバクラを楽しむ男性は、ある程度社会的地位の高い方が多いように感じます。

 

普段の仕事や家庭とはまた違った「一人の男」として見てほしいという気持ちがあるのだと思います。

 

地位の高い方ばかりだからこそ緊張はしましたが、肩書というよりも、一人の「男性」として接することを心がけるようにしました。

 

いつもとは違う自分を出せる空間を持つことで、パパたちも日頃のストレスを発散できているんじゃないかなと思います。

 

私と会うことで、癒され改めて普段の生活を頑張っていこう!という活力になって欲しいという思いで頑張りました。

 

職場や家庭では埋められない部分を補うのが、パパ活をする私の役目だと感じ始め、今ではやりがいさえ感じています。

 

シュガーダディ

 

パパ探しを攻略するには

↓↓↓↓↓