東京都新宿区でのパパ活体験談 22歳大学生女性のおすすめサイト

新宿で毎日飲み屋に呼ばれるのが私のパパ活業

MENU

東京都新宿区でのパパ活体験談 22歳大学生女性のおすすめサイト

「東京都新宿区 22歳 大学生 女性 R.K」

 

私がパパ活を始めるきっかけになったのは、パパ活系アプリです。

 

飲み会大好きな友達に、「お酒が飲めてお金も貰えるんだよ!一緒に登録しよ!」と軽い感じでパパ活系アプリに登録しました。

 

友達が登録してたアプリは、名の知れた優良アプリだったみたいで、イベントを開催してる男性の方々、なんだかみんなお金持ちでした。少し年齢層も高めだったけど、全然セクハラもしてこないし、みなさん紳士だなあと。

 

…後から聞いてみると、このアプリの登録者さんは年収が1000万前後のエリートの方たちだとか…。通りで品があるわけだ!と納得しました。

 

その日の報酬を時給に換算したら、4000円ほどもらえていたと知ってビックリ。当時コンビニでバイトしてたのですが、こんなに簡単に稼げることを知ってしまうと、やる気なくなっちゃいました。

 

コンビニでは変なお客さんに絡まれても、時給は安いままで変わらないのに、アプリでは節度ある大人の男性が相手で、そのうえ交通費とかチップとか出してくれるなんて、最高!っていうのが、最初の印象です。

 

初めの頃は、友達がいないと不安だったけど、回数を重ねるうちに、一人でもどんどん参加できるようになってきました。新宿を拠点に、様々な飲み会に参加させてもらいました。

 

指名されると、その分報酬も高くなるのですが、毎週金曜日になると、決まった方…Yさんという50代の男性から、お呼びがかかるようになりました。

飲み会関係のパパ活で大成功してる私

とくにYさんからの指名は多かったですが、私は学生なので、時間に余裕があり、基本いつでも出勤できる体制が整っています。

 

ほかにも私をリピートしてくれる人が増えて、凄く嬉しかったです。飲み会が大好きな私にとって、これは天職だなと思いました。

 

Yさんとアプリでやり取りするのが煩わしくなり、私はYさんと個人的に契約を結ぶことになりました。今考えるとパパ活を自分から申し出たようなものですよね。

 

Yさんとは飲み会だけでなく、報酬アリでランチにも誘われたり…いつのまにか、ギャラ飲みからパパ活へと進展してしまいました。

 

そんな流れで、アプリから何人かパパ活に発展していきました。

人数不足を補うのも私の仕事

基本的に一度飲んだ人には気に入られるという自信があるので!飲みの席で人数不足が生じたら、私に優先的に声を掛けてくれる人が多いんです。

 

近場であれば、もしくは交通費をしっかり頂ければ、すぐに飲み会に駆け付けられるので、人手不足は大歓迎です!会場が人手不足のときは、ぜひ呼んで頂きたいです!

飲み会や婚活パーティーのサクラもやる

飲み会の人手不足はもちろんですが、アプリを経由して、婚活パーティーのサクラを依頼されたこともあります。

 

サクラとして参加しているのですが、当然参加者からアプローチを受けることもあるわけで…。でもサクラとバレないように振る舞わなければならなくて…。そんなときは、とても心が痛かったです。

 

そんな想いをしたので、このような案件だけは二度とやりたくないと、やらないと決めました。だから、それ以降、どんな婚活パーティーの依頼も断っています…。

 

本当に自分が婚活パーティー参加するときになって、同じ想いするのはいやだし…。結局のところ、自分が気持ちよく飲めない席には参加したくないってことですね。

女性が必要な時にいつでも出撃できる

女性が不足しています!と言われたら、ほぼ駆け付けます。だから私を使ってくれる人が、結構いるんだと思います。

 

ぶっちゃけると、私は結構、可愛い方です。化粧の力が加わると、結構なもんです!読者モデルをやってただけあって、もともと外見には自信があったんです。

 

外見が良いことも、指名する際の重要な基準みたいですね。

 

リピート指名されると特に、私の外見と盛り上げスキルが認められてるって実感できるので、パパ活アプリって最高です!

 

飲み会が好きな女子なら、お金も貰えるし、パパ活アプリやって損はないと思います!

お店・飲み屋・パパとの複数契約で勝った

このアプリでは、キャバクラのヘルプだとか、ガールズバーのヘルプを呼ぶためにも使用されてたみたいで、何度かヘルプで出勤したことがあります。

 

普段のパパ活アプリの経験が生きたのか、かなり気に入られたようで、今も各店で週1以上はヘルプ出勤しています。

 

お店にそのまま雇ってもらうより、アプリ経由の方がお金たくさんもらえたり、店側も楽に召喚できたり、お互いにとって得な関係かなと思ってます。

 

あと、ギャラ飲みからパパ活に関係が発展した人もYさん含めて4人できたんです。

 

ギャラ飲みでも十分すぎるくらい貰ってたけど、ランチ行くとご飯も奢ってもらえる上に、3万円もお小遣いくれたり、なんて太っ腹な人たちだろうって思います。

 

飲み会とは違った落ち着いた雰囲気で、パパを癒せるように、日々努力しています!

コンパ会場のスタッフから呼ばれることもある

アプリ経由では、コンパ会場のスタッフからお声かけ頂くこともあります。

 

これもまた、サクラみたいな感じなんですけど、純粋に参加人数水増しのために呼ばれることが多かったです。

 

たとえ出会いを求めた人が集まるコンパでも、婚活パーティーほどの罪悪感はないし、これに関してはアリかなって思ってます。

飲み屋で人不足な時にも呼ばれる

何度もアプリを通して呼ばれると、最近では人手不足になると、当たり前のように出勤要請がかかります。パパとの先約があるときや、都合が悪い時はもちろんキャンセルです。

 

…さっきは、「お互いにとって得」だとか言っちゃったし、その店の時給より高いお金をもらって働かせてもらっている身で申し訳ないけど…。

 

人手不足のたびにこっちに頼りすぎるのはどうかと思う!もっと人雇えばいいのに…と思うときもあります。

社長パパから呼ばれることが一番多い

最初に話した、パパ活系アプリの男性層は、かなりのエリートです。ギャラ飲みに参加したことで、いろいろな方面において、人脈がかなり広がりました。

 

私のことを最初にリピートしてくれたYさん、実はある会社の経営者…つまりは社長さんです。わたし、Yさん含め、2人の社長さんとパパ活しちゃってるんです!

 

ギャラ飲みやってなかったら、たぶんこんな経験はしてなかったと思います。

 

社長さんは付き合いが多いですよね。それに伴って、飲みの席多いようで、社長パパ2人からは、よく飲み会に呼ばれます。

 

日程がかぶったときは、Yさんを優先にしています。

 

社長パパたちには、結構いいお店にお呼ばれすることも多いので、私、テーブルマナーの本を買いました。普段良くして頂いているパパに恥をかかせるようなことはできませんからね…!

 

それに、これからもテーブルマナーって役に立つ知識だし、本当、私に社会勉強もさせてくれる社長パパたちには、感謝しかありません。

 

そろそろ大学も卒業だし、卒論やら就活やらで、ギャラ飲みに参加できる時間も減りそうです。ギャラ飲みの楽しさが身体に染み込んでしまった私が、逃れられるかどうか…。

 

パパ活は、これからも無理なく続けていけたらと思っています。

 

パパたちとは信頼関係があるんで!きっとわかってくれるはずです。

 

ギャラ飲みや、パパ活で広げた人脈が、これから活かせたら良いのですが…。

 

面接で「大学生活で頑張ったことは?」って聞かれたら、「ギャラ飲みです」って答えちゃいそうで、怖いです。

 

ワクワクメール

 

都度パパ量産で毎日飲みまくり

↓↓↓↓↓