お食事の席の華になり場を盛り上げるのがパパ活女子の任務?

お食事の席の華になり場を盛り上げるのがパパ活女子の任務?

MENU

お食事の席の華になり場を盛り上げるのがパパ活女子の任務?

「愛知県名古屋市 27歳 接客業 女性 M.H」

 

私はパパ活を始めてもう3年ほど経ちます。自分で言うのは自慢っぽくて嫌ですが、私は結構、パパからのリピート率が高いんです。

 

パパたちの年齢層は高めで、一番若くて48歳のパパです。私が20代というだけで、とてもかわいがってくれてる節はあります。

 

パパたちがよく言うのですが、「歳をとると一人でいるのが寂しい」から、私のように尽くしてくれる子に対しては「お金を払う価値がある」と考えているそうで…。

 

私にとってはありがたいお話なんですけど…なんとなく切なくもなりました。

パパの寂しさを満たすのが私のパパ活

そんなパパたちの寂しさを少しでも紛らわすために、私は関わってくださるパパにはできる限り尽くすことを心掛けています。

 

独身のパパへの日々の連絡はとくに、マメにしています。メールや電話のやりとりで私はお手当を請求しませんが、パパはデートでお手当を上乗せしてくれたり、良いお店に連れて行ってくれたりします。

独身パパの観光やお出かけに付き添う

私も今のところ、特定の恋人はいないので、フットワークは軽い方です。

 

独身のパパが、どこかへお出かけに行くと私に報告してきた場合には、私も同行していいか聞いてみたりします。

 

こういった場合は、自分からお手当は要求しません。パパが申し出た場合は、有難く頂戴します。

 

出張の場合も、時々付いて行かせてもらえます。その場合のお手当は、交通費は別で、5万円程度です。

 

出張先で、パパにプライベートな時間がとれたら、一緒に観光することもあります。おそろいのお土産を買ったり、まるで恋人のように接します。

 

出張の場合、忙しすぎて観光できない場合もありますが、パパからの要望次第では、夜に雰囲気の良いバーで一緒にお酒を嗜んだりすることもあります。

 

夜にお酒を飲んで泊るとなると、自然と身体の関係を求められます。

 

流れでも身体の関係を持ってしまった場合は、その分お手当はしっかり頂いています。パパに尽くすとは言っても、それとこれとは別なので…。

一緒についていって遊びやすくする

私がお手当を提示せず、パパのプライベートの遊びについていこうとするのは、パパの信頼を得るためです。

 

やっぱり、自分の好きなことをしているときが、みんな一番饒舌だし、素に戻ると思うんです。

 

パパが好きなことを理解しようとする姿勢を見せると、パパはとても喜んでくれます。パパの心を射止めようと思ったら、そのような努力も惜しんではいけないと思っています。

 

それに、パパの好きなことを知ることで、話題も増やすことができるので、情報を得るためにも大切なことです。

年配パパの死ぬ前の愛人になるのも私

少し回想になりますが…実は、私がパパ活で出会った印象深いパパは、68歳の男性でした。当時私は24歳で、初めての顔合わせの時は、年齢よりも若く見えて驚いたのを覚えています。

 

顔合わせの時に、パパは衝撃の事実を告げてきました。「余命宣告されてるから、今まで浮気なんかしたこともなかったけど、最後に若い子と遊びたいと思って」と、寂しげに笑っていました。

 

何の病気かは聞かせてくれませんでしたが、余命は半年ほどで、動けるのも3カ月くらいだと思うから、3カ月は僕に尽くしてほしいな…というパパの要望を、私は受け入れました。

 

パパはどこに行くにも、複数の薬を常備していました。それを目撃するたび、病を実感させられました。

 

3カ月の契約の最後は、旅行でした。私は抱かれました。パパの身体は、外側からはわからないほどやせ細っていました。手術痕や注射の跡が複数有り、かなり痛々しいものでした。

 

パパはその時、今までの何十倍ものお手当を包んでくれました。「この旅行が終わったら、自分のことは忘れるように」「葬式もこないように」というのが、パパの要望でした。

 

そして最後に、「君が最後の恋人をしてくれて幸せだったよ」と言ってくれました。

 

この経験があったからこそ、私は「時間外労働」を惜しみませんし、パパたちを、「ただの金づる」のように扱うことができないのかもしれません。

食事や飲み会の盛り上げ役をやることも

私は時々、コンパニオンのような仕事を承るときもあります。

 

パパの仕事関係の食事の場に参加して、まるで秘書かのように立ち回ることもあれば、飲み会に呼ばれたときは、多少の言葉のセクハラもノリ良く上手くかわしつつ、場を盛り上げる努力をします。

 

注文をとってあげたり、代行を頼んであげたり…よくあることです。

 

食事会や飲み会がお開きになったあとは、パパと二人で改めて飲み直すこともしばしばあります。私の労力をねぎらって、少し多めにお手当を出してもらえたりします。

旅行の付き添いが一番稼げるパパ活

ちなみに旅行の付き添いは、パパ活の相場でも、10万円以上です。

 

数日間の私の時間を捧げることになるので、通常の食事でのお手当を踏まえて、2倍はもらえるということです。

 

泊りとなると、身体の関係を持たないことのほうが難しいです。

 

あらかじめ、そこを含めたお手当の相談をします。

 

身体の関係を持つと、さらに金額が跳ね上がってしまうので、旅行のお話が出たときには、普段の食事でのお手当は、少なめにするという配慮をしたりしています。

食事参加は3万円くらいにしかならない

普段のお食事デートは、1万円から承っているので、パパ以外の方がいる食事会に参加しても、3万円程度しか頂けません。

 

でも、お食事代を奢ってもらえると考えると、私には得しかないですよね。交通費も別途で払ってもらえるので、毎度のことながら、とても有難いです。

 

お金を頂いている以上はお仕事なので、参加した食事会では、徹底的にパパを立てる行動をします。

 

私が「若い」という理由で、食事会に参加すると喜んでいただけます。パパと関係が続く限り、いつまでも若々しくいなければ…と思います。

美貌を保つために飲み会参加はできればしたくない

ただ、いくらお手当がもらえると言っても、夜の飲み会にお呼ばれするのは、実はあまり好きではないんです。

 

飲み会となると、夜遅くまで出歩かなければならないし、夜に十分な睡眠が取れなくなってしまいます。ホルモンバランスが崩れてしまい、翌日のお肌の調子もひどいものです…。

 

お酒を飲みすぎると、翌日お腹を下すこともあります。できることなら、飲み会だけは避けたいのですが、毎回お断りするのはさすがにパパとの信用問題にもなってしまうこともあって、嫌な顔せず参加するように心がけています。

 

このように、パパとの信頼関係が強くなると、会社の飲み会・食事会にもお呼ばれするようになります。パパからその分のお手当も頂けるようになります。

 

パパとの関係のみならず、パパの周囲の人間関係とも関わることは、正直かなり大変ですが、喜ばしいことでもあります。

 

私はパートとして働いているので、パパたちの時間を中心に生活している感が、かなり強いです。
今は3人のパパが居ますから、毎日予定は詰め詰めです。

 

ちなみに3人のパパの情報がまぜこぜにならないように、ちゃんと情報メモは分けて保管してるんですよ。

 

最近の悩みなのですが…現実問題、私ももう30手前です。もしも私に彼氏ができたら、パパとの関係はどうしようか…とても悩んでいます。このままでは婚期を逃しそうで…。

 

いっそのこと、ここまで知り尽くしているパパたちなので、その中の独身のパパさえよければ、本当に付き合っちゃってもいいのかななんて…思い始めちゃってます。

 

ハッピーメール

 

身体ありでパパ活しちゃう?

↓↓↓↓↓