東京都世田谷区でのパパ活体験談 31歳の英会話講師・女性のおすすめサイト

IT会社の社長についていく|海外旅行時は身体ありでパパ活

MENU

東京都世田谷区でのパパ活体験談 31歳の英会話講師・女性のおすすめサイト

「東京都世田谷区 31歳 英会話講師 女性 T.E」

 

私は英会話講師の仕事をしています。でも正社員にはなれず、契約社員であることがほとんどなので、いろんな英会話教室を転々としています。

 

お給料はあまり良くありません。労働時間外で授業の構成を考えたりする時間を含めると、全然わりに合っていません。

 

プライベートも全然充実してません。彼氏も、もう5年も居ません。私は顔も結構整ってると思うし、スタイルは男性好みなグラマラス体型だと思うんです。

 

いつ抱かれたっていいように、身体も手入れしていますが…欲求不満になるばかりで、まったく性欲を解消できずにモヤモヤしていました。

 

だからといって、風俗やデリヘルで働くのは抵抗がありました。エッチもできてお金も貰えるような仕事ないかな…と、思い至ったのが「パパ活」だったんです。

 

30過ぎたら、お声もかかりにくいかなと思ったんですが、みんなこのサイトで結婚相手を探しているわけではないので、プロフィールにスリーサイズを載せただけで、食いついてくる男性はたくさん居ました。

 

その中でも、際立って品のあるパパが居たので、LINEで直接やり取りをすることにしました。

 

IT会社の社長をパパにした話

まず初めに、お互い自己紹介し合いました。私が英会話講師をしていることを話すと、「実は通訳雇おうと思ってたんだけど、通訳として海外ついてきてくれない?」と突然のお誘いを受けました。

 

パパは50代後半のIT会社の社長で、一週間後には海外で商談があるのだとか…。「まだ会ったこともないのに…」というと、明日の昼にでも顔合わせをしよう、という運びになりました。

 

海外に交渉に行く時にも身体ありでついてった

翌日、落ち着いた雰囲気のカフェで顔合わせをしました。パパは写真より若く見えましたし、写真よりもずっと男前でした。50代後半ということで、身体の関係は期待していませんでしたが…この人になら抱かれたいなぁと、直感的に思いました。

 

パパ活の件よりも先に、通訳の仕事の面接からしました。履歴書も持参するように言われたんですよね。海外旅行も年に1回はしていたため、パスポートを持っていたという点で、通訳として雇うことは即決されました。

 

通訳の仕事で入る給料と、パパ活で与える手当は別だと説明されました。こんなビジネスっぽくパパ活の話ってするものなんでしょうか。英会話塾も掛け持ちなので、大事な商談時の通訳として、私は契約を結ぶことにしました。

 

一通り話し終えた後、パパは周囲に聞こえないようにこっそり、「身体の関係アリで、ついてきてくれない?」と耳打ちしました。それだけで、性に飢えていた私は興奮してしまいました。

 

交通費別で20万円も出してくれた

そういった経緯で、初めてのパパ活は、通訳のお仕事と同時進行になってしまいました。

 

旅費の心配をしていたんですが、こういうのってパパが負担してくれるものなんですね。交通費込々で20万、パパ活のお手当を先払いしてくれました。

 

そんなに貰ってしまうと、逆にプレッシャーです。不安でした。

 

3000万円の商談だったようでがっつりもらった

 

私の不安とは裏腹に、通訳は絶好調で、商談はかなり上手くいきました。通訳していて手ごたえを感じるほどでした。

 

商談成立後、宿泊するホテルの部屋へチェックインするなり、パパは私を抱きしめました。

 

今回は本当に大事な商談だったらしくて、かなりプレッシャーに感じていたみたいです。本当は商談成立した時点で、抱きしめたかったって。

 

私が思った以上に頼もしい通訳をしてくれたから、パパ活サイトで出会ったのも運命だと思うって…。

 

部屋でワインを飲んで、お互い酔いも良い感じに回ってきて…私はパパに抱き寄せられました。久しぶりに抱きしめられる感覚に、気持ちが昂ぶりました。

 

私はパパに激しく求められました。久しぶりのエッチで、私も燃えました。初めて会った時から、ずっと私のボディラインを撫でたかったと言われました。

 

男性に求められることって、こんなにも嬉しいことだったんですね。

 

翌日は一緒に観光の予定だったんですが…結局一日中ずっと、ホテルで肌を重ね合っていました。パパが赤ん坊のように、私の胸に顔を埋めて、離れてくれませんでした。

 

後日、通訳としての給与を頂いてびっくりしました。今回は商談が成立したから、倍の報酬をあげたと言われましたが…。倍にしなくても十分な金額を頂いていました。

 

通訳スキルとHのテクニックでパパを魅了してる

私を通訳として雇ったのはパパにとって大きな賭けだったみたいですが、私とパパ活を始めたことで、業績も伸びてきたとかで、私はすっかりパパの女神のような位置づけにされてしまいました。

 

あの海外出張で、通訳としてのスキルだけじゃなく、エッチでのテクニックも、パパに気に入られたんです。

 

少しSっ気のある私と、M願望があったパパとは相性が良かったみたい。私にとっても、お財布も身体も満たしてくれるパパは、これ以上に無いくらいの相手でした。

 

私がいないと余計に高くつくから私が選ばれる

 

私は通訳のお仕事をたびたび任されるようになりました。パパ活なしで、通訳として同行するのみの場合も増えました。

 

通訳を他に雇わないの?って聞いてみたら、苦笑いして「高くついちゃうから」と言っていました。私の方が高い報酬で雇ってもらってる気がしたんだけど…。

 

そもそも派遣されてきた通訳と相性が悪かったら、それだけで「商談終わったな」って思うんだとか。一番の理由は、他の通訳にお金かけるくらいなら、私にかけたいからだそうです。通訳をしていたら会える時間も増えますもんね。

 

パパの射精管理もできるくらいのテクニック

 

パパ活は、お仕事がお休みの土日に固定していました。デートしたあとはホテル、という流れが決まっていました。

 

でも最近、平日の夜にも、パパから「会ってくれ」とお誘いが増えたんです。

 

なぜってそれは…私がパパの射精を管理してるからです。私が「イっていいよ」って言うまで、パパは絶対イっちゃダメなきまりです。

 

日曜日の夜にデートしてホテル行くとなれば、当然エッチしますよね。でも、パパはイっちゃダメなんです。私だけ気持ちよくなるけど、パパには我慢してもらいます。

 

3日も経つと、股間が疼いて仕事に集中できないんですって。泣きそうな声で「イカせて下さい」って私に頼んでくるパパって、とっても可愛いんですよ。

 

ときどき、「業務に身が入らない」と、会社にも呼ばれます。仕事に支障がでるのはいけないし、仕方ないからお口でイカせてあげてます。

 

自慢のボン・キュッ・ボンで色々自由すぎる

 

パパの通訳として私は、いろいろなパーティーにも参加することがあります。そんなときは、スタイルを強調するようなセクシーなドレスを着ていくんです。

 

すると、他の男性が放っておいてはくれません。ギラギラした目で見つめられることも多いです。パパの横に居てもです。

 

パーティーなんかで私がほかの男性と談笑しようものなら、そのあとホテルに連れ込んで、私のことをめちゃくちゃに抱きます。

 

そんな状況のエッチでも、射精を「待て」できるから、私はパパを飼いならしたも同然ですよね。

 

パパはバツイチだから、私と再婚したいみたいだけど、なんだか今の関係を捨てるのも惜しい気がして…。

 

だって、奥さんになっちゃったら、本当にパパだけのものにならなきゃいけないじゃないですか。そんなこと言える私って、贅沢ですよね。

 

私がほかのパパとパパ活したら、どうなるんだろうなぁって、最近考えだしてます。

 

ハッピーメール

 

パパに学ぶビジネスの基本

↓↓↓↓↓